会社概要

社名
きずな出版(Kizuna Publishing)
所在地
東京都新宿区白銀町1-13
※2014年6月1日より新オフィスに移転しました。
創業
2013年(平成25年) 3月4日
役員
代表取締役社長 櫻井秀勲
代表取締役専務(編集長) 岡村季子
事業内容
一般書籍出版、電子書籍出版
関連会社
株式会社 ウーマンウエーブ
株式会社 櫻井事務所
一般社団法人認知行動療法研修開発センター
出版社コード
ISBN978-4-907072
TEL
03-3260-0391
FAX
03-3260-0201

社長挨拶

2012年3月、きずな出版を立ち上げました。

思い返せば私は22歳で出版界に入りました。
最初は講談社系の光文社に入社し、
その年に新人作家時代の松本清張、五味康祐の二人の知遇を得ています。
「女性自身」編集長をへて、39歳で、3人の仲間と祥伝社を立ち上げました。
そして54歳で独立、以後現在までに200冊の著作を出版してきました。

なぜここで私の歴史をふり返ったかというと、
結局私は、人生の最終局面で、 3たび出版社をスタートさせるのが
運命だったのではないか――と思うからです。

この「きずな出版」の出発に当たり、
いまもっとも若者のあいだで読まれている本田健さんが
「ぜひご協力したい」と申し出てくれました。
運をふやすには「借りる」方法もある、というのが私の考え方ですが、
まさに本田さんの運を受けて、幸運なスタートを切ることができました。
この場を借りて、厚くお礼申し上げたいと思います。

また本田さんに続いて、親しくおつき合いしてきた多くの作家、執筆者の方々にも、
このきずな出版から書き下ろしの新刊を出していただく予定になっています。

それだけではありません。すぐれた新人の著作も出していくことでしょう。
その意味でも私は、これらの方々の本を世に出すために、
新しい出版社をつくったのではないかと思うのです。

そのミッションを成し遂げるために、大いなるものは私に、
仕事運と生命運を授けてくれたのだと、信じています。

きずな出版を立ち上げたその日は、
奇しくも50年前、私が31歳で「女性自身」の編集長になった日でした。

「言葉は力、言葉はぬくもり、言葉はきずな」

読者の皆様、書店の皆様、著者の皆様との絆を力にして、
きずな出版は、たえず挑戦しつづける出版社でありたいと思います。

櫻井秀勲