普段座る「イス」をどう考えるか――。
日本とデンマークでは、家具に対する考え方がまったく違います。

日本人にとってのイスは「生活道具」。
デンマーク人にとってのイスは「時間とお金をかけるべき、大切な場所」。

その考え方の違いが、人生の質に大きく影響を与えているというのが、本書の主張です。

イスを一つ変えるだけで、人間関係や仕事など、人生が好転していった人たちをたくさん見てきた著者だからこそ語れる、「いま居る場所」から「人生」を変える方法!

・玄関にはイスを置こう
・インテリアグリーンは「鉢」が決め手
・健康な人は、キッチンが美しい
・バルコニーも一つの部屋である

……など、具体的な「空間」のつくり方も多数収録!