虎の門病院 臨床腫瘍科部長・高野利実 初の著書!
がんと向き合う患者さんの想いやエピソードを紹介しながら、「自分らしく生きる」ための方法を考えます。

「世のなかでは、抗がん剤の是非を問う論争が起きていますが、抗がん剤が『効く』のか『効かない』のか、一般論として白黒つけることに意味はありません。不毛な抗がん剤論争を超えて、いま考えなければいけないのは、一人ひとりの患者さんが『幸せ』『希望』『安心』を感じられるような医療のあり方、自分らしく生きるための、がんとの向き合い方だと思います」

「『医療は人間の幸せのためにある』というのが、医療の原点であり、それは、病状がどうであろうと、抗がん剤を使っていようといまいと、けっして揺らぐことはありません」

「どんな状況でも、患者さんにとって最善の医療を行うのが、腫瘍内科医の仕事です」

—本書を読めば、「がん」という病気のイメージが変わるかもしれません。
がんと向き合うすべての方へ本書をおくります。