「健康にいいと聞いて歩いているけど、なかなか続かない……」
「ダイエットのためにウォーキングしているけど、やせない……」
「歩きすぎで、むしろ身体を痛めてしまった……」

近年の健康ブームで、ウォーキング人口は増加しています。
その反面、間違えた歩き方によって、身体に余計な負担を与える人が増えたのも事実。

著者の園原健弘氏は、元オリンピック「競歩」代表選手。
そんな歩きのプロによる「健康になるための最高の歩き方」の手法を公開したのが本書。

・健康の質を変える「3.0メッツウォーキング」
・脂肪を燃焼させる「ギリギリ会話ウォーキング」
・速く、ゆっくり、速く、ゆっくりを繰り返す
・かかと着地でむくみが取れる
・糖尿病を改善する歩きとは
・認知症予防のマルチタスクウォーキング
……など、具体的なウォーキング方法が満載!

楽しく歩いて健康になる、実用的な一冊です。