1931年、東京生まれ。東京外国語大学を卒業後、光文社に入社。
遠藤周作、川端康成、三島由紀夫、松本清張など歴史に名を残す作家と親交を持った。
31歳で女性誌「女性自身」の編集長に抜擢され、毎週100万部発行の人気週刊誌に育て上げた。
55歳で独立したのを機に、『女がわからないでメシが食えるか』で作家デビュー。
以来、『運命は35歳で決まる』『人脈につながるマナーの常識』『今夜から!口説き大王』など著作は200冊を超える。

著者公式HP http://www.sakuweb.jp/
櫻井秀勲 音声コラム『文壇爺の文豪日記』 http://m.himalaya.fm/59021/album/99874