ハーバード医科大学の医療機関の元研究員。医学博士。福岡県出身。大学にて東洋医学・西洋医学の両方を学ぶ。その後、これまでの研究成果を買われ、ハーバード医科大学ブリガム・アンド・ウィメンズ病院麻酔科の研究員として招かれる。日本に帰国後は、医学博士、理学療養士、カウンセラーとして運動、睡眠、痛みなど脳にも関わる診療に携わっている。外国語も堪能で、ロシア語、スペイン語、フランス語、韓国語など7つの言語を習得している。
著書に『ハーバードで学んだ脳を鍛える53の方法』(アスコム)がある。