カテゴリー: イベント

【満員御礼】おかげさまで中谷彰宏×櫻井秀勲「アイデアを無限にストックする方法」大盛況

9月30日(金)、都内で中谷彰宏先生の著作1000冊突破を記念して開催された公開対談、中谷彰宏×櫻井秀勲「アイデアを無限にストックする方法」。当日は、250名を超える方々にご参加いただき、大盛況の会となりました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

著作累計1000冊目となった書籍はコチラ
⇒『ファーストクラスに乗る人の発想

20160930_nakataniakihiro_sakuraihidenori_ideawomugennistocksuruhouhou

【9/30(金)対談】中谷彰宏×櫻井秀勲「アイデアを無限にストックする方法」

中谷彰宏×櫻井秀勲スペシャル対談「アイデアを無限にストックする方法」

これまで世に1000冊もの本をおくりだしてきた中谷彰宏さんと、60年以上の長きにわたり出版界の第一線で活躍し、85歳のいまなお現役の弊社代表・櫻井秀勲。

なぜ、ふたりはこのような偉業を成し遂げることができたのでしょうか?
その秘訣のひとつ――それは溢れる「アイデア」にあります。

一体、どうやってアイデアが浮かんでくるのか?
どのようにアウトプットして、どのように形にしているのか?

今回はそんな「アイデアの出し方」について存分に語っていただきます!

著作累計1000冊の著者・中谷彰宏×伝説の編集長・櫻井秀勲
公開対談「アイデアを無限にストックする方法」

■講演内容
「アイデアを無限にストックする方法」
中谷彰宏×櫻井秀勲

■日時
2016年9月30日(金)
開場:18時半 開演:19時(終演21時予定)

■会場
ビジョンセンター東京
JR東京駅 八重洲南口 徒歩2分
東京メトロ銀座線京橋駅 7番出口徒歩4分

■参加費
一般:10,000円
早割:7,000円(9/17まで)
学割:3,000円
きずな倶楽部(有料会員):無料

※きずな出版の新刊がお得に読める書籍購読サービス「きずな倶楽部」の会員になると、今回のスペシャル対談に無料でご参加いただけます♪
⇒「きずな倶楽部」詳細はコチラ

taidan_nakatani_books

■主催
きずな出版

お申込み

【講演会】永松茂久先生『成功の条件』出版記念講演会が開催されます(7/31)

9784907072667発売直後から、各地で続々ランキング入りしている永松茂久先生の新刊『成功の条件』は、もうご覧になりましたか? ストーリー仕立てでわかりやすいと好評の本作。物語は、ごく普通の青年が、大経営者からダメ出しをされるところからはじまり、やがて本物のコーチングを学ぶことで、人生が劇的に変わっていきます。

今回、新刊発売を記念して、出版記念講演会の東京開催が決定しました。
本のなかで語られる「成功の条件」に込められた想いから、さらに掘り下げた解説までがたっぷり語られる2時間セミナー。東京での開催は、この1日のみですので、気になる方はお見逃しなく!

詳細はこちら

『月のリズム ポケット版』発売記念講演会が開催されました

『月のリズム ポケット版』双子座の新月であった6月5日(日)、都内・ビジョンセンター東京において、アストロロジャー來夢先生の新刊『月のリズム ポケット版』発売記念講演会が開催されました。

前半は、來夢先生と弊社代表でもある櫻井秀勲との対談。後半は、質問家・マツダミヒロ先生のゲスト講演が行われました。

來夢先生は、講演会などをめったに開催されないこともあり、当日は全国各地から多くのみなさまにご来場いただきました。ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

当日は、東洋的見地からのお話や、新月への願い事をする際のポイントなど、前作『月のリズム』から加筆修正されてよりわかりやすくなった新刊『月のリズム ポケット版』と、『月のリズム』から生まれた「新月と満月の魔法の質問~月のリズムカード」(來夢先生監修、マツダミヒロ先生企画)を参加者全員にプレゼント。本を見ながら、実際に「月サイクル図」を作成していただいたり、「月のリズムカード」を使っていまの自分への月からの質問に回答していくグループワークを行ったりと、本とカードを手に取っていただきながら、連動した内容で対談や講演が展開されたことで、ご自分と月との繋がりを、より深く理解できた方が多かったようです。

月のリズム ポケット版』の一般発売は、6月22日頃。一部店舗限定で、先行発売も実施中ですので、お近くの方はぜひお立ち寄りください(→『月のリズム ポケット版』先行販売店をチェック

講演会にご参加いただいた方の声

・「月サイクルの話がとてもわかりやすく為になりました。生まれた日の星の配置で自分の感情がわかり、なるほどと感じることが多かったです。二十四節気を感じることも、日常生活で大切なこととお話を聞いて感じました」(Y.N様/女性)

・「あっという間に2.5時間が過ぎてしまいました。今後の仕事の展開について考えるヒントも頂きました」(T.T様/男性)

・「『月』についての見方が変わりそうです。來夢先生がホワイトボードに書かれた「月」と「感情」の関係は、驚きというか納得です。易経との関わりのページが増えていたのもうれしいです。あとでじっくり読んでみます」(M.K様/女性)